Analyticsを使ってサイト改善 自然検索の分析と対策①

SEO アナリティクス

今までのシリーズでは、目標の設定、KPIの設定、おすすめのセグメントをご紹介させていただきました。今回からは実際にAnalyticsを用いて分析と実際に考えうる対策に関しての記事を書かせていただきます。

今回は自然検索経由のアクセスについてです。

続きを読む

Analyticsを使ってサイト改善 おすすめセグメント3つ

Analyticsセグメント

ここまでAnalyticsを触らずに分析をする意味というところで、目標設定とKPIの設定についての記事を書かせていただきましたが、今回から実際にAnalyticsを用いてみます。データの改善に繋がる材料集めとしてアナリティクスの「セグメント」の見方に関する方法です。

続きを読む

Analyticsを使ってサイト改善 ゴールを設計する②

前回の記事では、Analyticsを使う前のゴールの設定についての記事を書きましたが、今回はKPI(key performance indicator)の設定を行いたいと思います。横文字が出て来たとアレルギーを感じるかもしれませんが、出来る限り分かりやすく書くので参考にしてみてください。

続きを読む

Analyticsを使ってサイト改善 ゴールを設計する①

Analyticsを使ってサイト改善①

今回からGoogleAnalyticsを用いたサイト分析の考え方に関しての記事を書いてみますね。自分のサイトの分析・改善はもちろんですが、コンサルタントとして他のサイトを客観的に見ていく際に参考にしてもらえればと嬉しいですね。

今回は目標の設定とビジネスロードマップの作り方についての記事を書きます。

続きを読む

ボッタクリSEM代理店あるある

初めに断わっておきます!

全部のウェブ広告代理店がぼったくりな訳では決してありません。
クライエントの売り上げ増の為に、深夜、休日業務も厭わず、頑張ってくれるような(クライエント側にとっては、)善良なウェブ広告代理店も存在します。コレがいいか悪いかは別の話で、クライアントに時間を割いているのは事実です。
ただ、一部では、あることないこと言いふらして、クライエントの無知を餌に、暴利を上げるウェブ広告代理店も存在します。

続きを読む

統計学からウェブマーケティングを考える(仮説検定)

直近ひそかに注目を集めているキーワード。それが「統計学」です。Kindleの書籍上位にも統計学に関する本がどんどん上がってきている様です。この統計学、さわりを知っているだけでもウェブマーケティングにいい影響を与えられます。今回は統計学のさわりと、統計学から考えるウェブマーケティングの考え方について自分なりにまとめてみましたので書いてみますね。

続きを読む

GoogleAdWordsの右側広告枠がなくなった影響

2015年の2月20日より突然、PCのGoogleAdWordsの右側の広告枠が全世界的に廃止されました。いやホント突然だったのでFacebookではどんだけ同じ記事が流れてくるんだってくらい、ネットマーケティングに関わっている人を驚かせましたね。

http://www.sem-r.com/news-2015/20160220105021.htmllink

今回はリスティングの右側広告枠無くなることでどのようなことが起こりうるかについて考察をしたいと思います。

続きを読む

AdWords商品リスト広告を自動運用する

「新しい」ウェブマーケティ ングがいかに優れているか、そして、旧来の人力でのウェブマーケがどれだけ非力かを紹介しました。今回は、AdWordsの広告メニューの一つである、AdWords商品リスト広告(PLA: Product Listing Ads)の、自動運用について書きます。

続きを読む

某日用品ECサイトの先端的なウェブマーケティング施策

前回の記事で、従来のウェブマーケティングの業務は、自動化を軸とする新しいウェブマーケに到底敵わない、という趣旨の主張をしましたが、個別に新しいウェブマーケの施策のインパクトは、どのようなものかを紹介していきたいと思います。

前回の記事で、従来のウェブマーケ業務を米軍の上陸に備えて、竹やりで対抗しようとしていた日本に例えましたが、このように言っている意味が、お分かりになるかと思います。如何に、今までのウェブマーケが、時代遅れなものになっているかが…

続きを読む